大自然と向き合う工房 美瑛白金 皆空窯 〜更新情報'13〜



こども陶芸展 in びえい 移動展開催のお知らせ



「第1回こども陶芸展inびえい」展覧会( 於:びえい白金ビルケの森ギャラリー 10月1日(火)〜 26日(土))が盛況のうちに終了致しました。
多くの町民の皆様のご要望を賜り、引き続き美瑛町内「道の駅 丘のくら」ギャラリーにて「第1回こども陶芸展inびえい」移動展 ( 11月6日(水)〜17日(日))を開催致します。
町内外の多くの皆様のお越しをお待ち致しております。










ー 第1回 こども陶芸展 in びえい 受賞作品決定 ー


~ 陶芸展 受賞作品パンフレットより 抜粋 ~


窯焚き集団「かまぐれ」共催で開催しておりました、
第1回 こども陶芸展 in びえい にて、受賞作品が決定されました。

詳しくは、美瑛町ホームページにて御確認ください。



― 総評 審査委員長 南 泉(陶芸作家) ―

 「第一回こども陶芸展inびえい」には、道内外より総数173点(A部門91点、B部門72点、C部門10点、の参加がありました。)

出品作には地域性がみられ、その地方の特色が反映されていて、子供たちが自分の住んでいるところをとても大切に思っていることが伝わる作品が多かったです。
どの作品も元気で夢があり、子供達が目を輝かせながら作っているようすが伺えました。
陶粘土は柔らかくてなかなか思うような形になってくれませんが、手から伝わる力を優しく受け止めてくれます。
そして乾燥させて焼くと固くなり、扱いやすくなるというおもしろい素材です。 これからもたくさんの子供達に、陶粘土で出来る可能性を広げていってもらいたいと思います。

多くの地域で此の度の企画にご協力、ご支援頂いた学校関係者、陶芸教室関係者様の方々に感謝申し上げます。

~ 陶芸展 受賞作品パンフレットより 抜粋 ~








こども陶芸展 in びえい









「かまぐれ」による窯焚き予定日(H25)


平成25年「かまぐれ」による窯焚き予定日(9月10日〜23日)をお知らせします。

10日(火)窯詰め開始
19日(木)窯詰め終了
20日(金)夕方よりガスバーナーによるあぶり開始。
21日(土)マキのみによる焼成開始(朝方8時頃より)
22日(日)マキのみによる焼成(終日)
23日(月)マキのみによる焼成(午前中)
* 平行して晴天の場合は次年度用薪割り、整理作業




尚、窯焚き期間中作品造りの為の工房を開放致します。期間中窯焚き、作品造りにご参加下さい。







新シリーズ 「氷裂シリーズ」を公開いたしました。



―厳寒の地で生まれたこだわりの器達(氷裂紋シリーズ)―

 氷裂紋シリーズは、厳寒期(−10℃以下)の屋外での施釉時に釉薬中の水分が凍る事で出来た文様を、そのまま焼付けて生まれた器です。
人工的な環境でも類似な物の制作は可能ですが、あくまで自然環境下での季節限定制作にこだわりました。
この時期・この地でしか生まれない「氷裂紋シリーズ」皆様、ぜひこだわりの器をお試し下さい。





詳細パンフレットはこちら(PDF)よりダウンロードいただけます。







皆空窯 美瑛移住30周年 記念




北海道を代表する馬具やバッグなどの革製品を手掛ける「SOMES SADDLE」様のご協力を得て「皆空窯オリジナルレザーポーチ」を制作をすることが出来ました。革質、内布、形、ロゴにこだわったレザーポーチです。「マイぐい飲み入れ」や小物入れとして末永くご愛用頂ければ幸いです




詳細パンフレットはこちらから(PDF)