大自然と向き合う工房 美瑛白金 皆空窯 〜更新情報'15〜

改組 新 第2回(平成27年度)日展 受賞 の御報告



「氷裂2015」 氷裂の名の如く、極寒の季節をくぐりぬけてしか生まれ得ない作品である。凍り裂ける表情の変化、微かに上部をすぼめた立ち姿、切り込みも含め創作上の難易度の高さを越えた深みある秀作である。



「審査所感

第4科 工芸美術 審査主任 武腰敏昭

この度の改組 新 第2回日展の審査は、昨年に引き続き更なる新しい風を入れ、充実を図るため、工芸美術に卓越された3名の外部審査員の御参加を賜り、20名の構成により緊張感の中で厳正に行った。多岐にわたる工芸美術は、地方独特の技術や新しい手法を用いた意欲的な作品が多く見られ審査は4審まで丁寧に行い、応募数724点中から新入選36点を含め430点を入選とした。 特選は独自の創意に満ちた秀作、漆、陶磁、金属、染、硝子、人形10点を選出した。この入選及び受賞を励みとされ、尚一層、未来の日展工芸美術の発展のために努力を重ね邁進される事を心から望みたい。



改組 新 第2回(平成27年度)日展巡回展のお知らせ

以下は外部サイト-公益社団法人 日展 様-(https://www.nitten.or.jp/)>へのリンクとなっております。

「改組 新 第2回日展(平成27年度) 巡回展スケジュール」が以下の日程で予定されています。
お近くの方は是非御立ち寄りください。

巡回展スケジュール






「第3回こども陶芸展 in びえい」 作品展

 「第3回 こども陶芸展 in びえい」に今年も子どもたちの素敵な作品が集まりました!   個性的で表現豊かな作品(応募された全264点)をぜひご覧ください。下記画像のクリックで詳細を御確認いただけます。




皆空窯のインターネット環境が復帰いたしました。

長らくご迷惑をおかけしておりましたが、インターネット環境が復帰いたしました。 現在、この間に滞っていた案件を順序だてて対応しております。今暫くお待ちください。 相応の期間が経過したにも関わらず弊窯からの連絡が届かない場合は、申し訳ありませんが 再度お問合せいただけますようよろしくお願い致します
   2015年8月15日  皆空窯





現在、皆空窯でのインターネット環境が不調です

現在、インターネット環境が不調で、メールの受信ができておりません。 フォーム等でご連絡いただいても確認並びに返信ができない状態です。
お急ぎの方はお手数をお掛けしますが、お電話かFaxでのご連絡をお願い致します。 復旧でき次第、お知らせいたします。


皆空窯
TEL:0166-94-3354 fax:0166-94-3448






第3回 こども陶芸展 in びえい 開催のお知らせ



今年も 窯焚き集団「かまぐれ」共催で「第3回こども陶芸展inびえい」開催が決定しましたー



「こども陶芸展inびえい」の募集要項、出品申込書等詳しい内容については美瑛町へお問合せ下さい。詳細情報(美瑛町ホームページ)


昨年の受賞作品
「こども陶芸展 in びえい」事務局
美瑛町役場経済文化振興課文化スポーツ推進室内
TEL(0166)92-4141 FAX(0166)92-4714







丘のまち びえいまちづくり寄付の対象に選定されました。

平成27年度の美瑛町 「丘のまちびえいまちづくり寄附」のお礼の品物の一つに選定さました。 詳しくはこちらで御確認いただけます。







南 正剛 作陶展  平成27年 1月17日(土)〜2月1日(日)  


会場:三浦綾子記念文学館 (詳細PDF


















丘のまち美瑛 アンテナショップでの展示について

東京有楽町の”北海道美瑛町アンテナショップ「丘のまち美瑛(https://www.facebook.com/okanomachi)」”にて、皆空窯のマグカップが展示されています。
『森の時計はゆっくり時を刻む(倉本聰)』 2005年冬、フジテレビ系で全国放送されたドラマ『優しい時間』をご存知ですか。 嵐の二宮和也さんが、陶芸の修行をしていた『皆空窯』(実名で登場)は、美瑛町にあります。 二宮さんが焼き、主人公の涌井勇吉こと寺尾聰さんが喫茶『森の時計』で使用していたのがこのマグカップです。 北海道美瑛の、凛とした空気感、大地と野の美しさを備えた逸品。アズカップ4,000円、タクローマグカップ6,000円で販売しています。
ーー丘のまち美瑛(https://www.facebook.com/okanomachi )