大自然と向き合う工房 美瑛白金 皆空窯 〜新着情報〜




平成30年 皆空窯 活動予定



南正剛 日展 受賞作品展 開催のお知らせ





日  時:2018.8.14(火)- 26(日) 10:00 - 17:00
場  所:丘のまち交流館 bi.yell 1Fギャラリー
作者在館:土曜日、日曜日





改組 新 第4回(平成29年度)日展 受賞 の御報告



「氷裂2017-1」 厳寒な自然環境下でしか生れ得ない作品で、凍り裂ける文様と、人為的な文様とを融合させた、難易度の高い深みのある秀作である。





(https://nitten.or.jp/)
「審査所感

第4科 工芸美術 審査主任 武腰敏昭

平成29年度、日展は文展創設以来110年という節目を迎えました。 工芸美術は、時代の流れと共にいろいろな素材も生まれ、現代の生活空間の中でその姿も徐々にではあるが変わりつつあります。又、ジャンルも多く多種にわたり、新しい時代を担う感性溢れる数多くの作品が出品され、大変喜ばしい事であります。 出品数は昨年より14点増で、720点あり、厳正で且つ丁寧な審査を3 審まで繰り返し、入選数は420点、その内、新入選は32点でありました。特選は今を意識した意欲的な作品が選出され、次世代への期待が高まり、楽しみであります。


改組 新 第4回(平成29年度)日展巡回展のお知らせ




以下は外部サイト-公益社団法人 日展 様-(https://nitten.or.jp/)へのリンクとなっております。

「改組 新 第4回日展(平成29年度) 巡回展スケジュール」が以下の日程で予定されています。
お近くの方は是非御立ち寄りください。

巡回展スケジュール






作品「氷裂」のご紹介


 氷裂とは、厳寒期(マイナス10℃以下)の屋外での施釉時に釉薬中の水分が凍る事で出来た文様をそのまま焼付けて生まれた器です。生まれ育った北国の風土が持つ「厳しい冬」を意識し「この地に根ざした陶芸作品とは」〉をテーマに数十年来作陶を続けております。




( - Youtube -)でご覧いただけます。




(美瑛町「ふるさと納税返礼品」
改組 新 第2回日展(2015)特選受賞 氷裂2015
改組 新 第4回日展(2017)特選受賞 氷裂2017-1






丘のまち美瑛 アンテナショップでの展示について

東京有楽町の”北海道美瑛町アンテナショップ「丘のまち美瑛(https://www.facebook.com/okanomachi)」”にて、皆空窯のマグカップが展示されています。
『森の時計はゆっくり時を刻む(倉本聰)』 2005年冬、フジテレビ系で全国放送されたドラマ『優しい時間』をご存知ですか。 嵐の二宮和也さんが、陶芸の修行をしていた『皆空窯』(実名で登場)は、美瑛町にあります。 二宮さんが焼き、主人公の涌井勇吉こと寺尾聰さんが喫茶『森の時計』で使用していたのがこのマグカップです。 北海道美瑛の、凛とした空気感、大地と野の美しさを備えた逸品。アズカップ4,000円、タクローマグカップ6,000円で販売しています。
ーー丘のまち美瑛(https://www.facebook.com/okanomachi )




00年版01年版02年版03年版04年版05年版06年版07年版08年版
09年版10年版11年版12年版13年版14年版15年版16年版17年版